確かな技術を学べる料理専門学校

活躍の場を広げる為には行動あるのみ|パティシエは実務経験を重要視

パティシエの役割

お菓子

パティシエとは、フランス語で菓子製造人という意味なのです。日本では、洋菓子の職人に対してパティシエと呼んでいるのです。パティシエの役割というのは、小麦粉と卵、砂糖、バターを基本材料として様々な種類の洋菓子を作り出すのです。パティシエが活躍する現場となるのが、洋菓子店やホテル、レストランになります。しかし、最近では、テレビなどのメディアでお菓子作りの指導や監修をするなど、活躍する場が増えているのです。そして、パティシエは、主に複数のパティシエが分担制で作業を進めることが多いのです。お菓子作りにおいて、生地を作ったり焼いたり、仕上げをしたりというようないくつもの工程があるため、ほとんどのお店では、パティシエごとに担当のパートが決まっているのです。このパティシエの職業もとても実践経験が求められることが多いのです。パティシエの経験値によって任される仕事が異なるのです。製菓の専門学校では、このように実践経験を多く積むために実践的な授業が行われているのです。そうすることで、実際に現場に出たとしても即戦力といて活躍することができるのです。専門学校でも、分担制で様々な工程を任せた上で一つの商品を完成させていくのです。だから、現場に出たとしても自分の役割をしっかり分かっていることで、責任のあるポジションを任せてもらえたりするのです。製菓の学校に通ったことが、即戦力の証明となり、様々な場面で活躍することができるのです。パティシエになりたいのであれば、まず製菓の専門学校に通い、専門な知識と実践経験を積んでいきましょう。活躍の場を広げる為には行動あるのみだと言えます。そうすることで、自分の活躍したい場所で活躍することができるのです。

ケーキ

資格の取得方法

製菓の専門学校では、製菓衛生士の資格を取得することができますが、その他にも資格を取得することもできるのです。専門学校では高いスキルを学び即戦力として活躍できる人材を育成しているのです。だから即戦力として活躍したい場合は学校で勉強しましょう。

料理

調理師学科

調理師の資格を取得するためには、調理師の専門学校に通うといいでしょう。最短で1年で取得することができるのです。特にいち早く現場で即戦力として活躍したいのであれば、ぜひ専門学校に通って資格を取得しましょう。

パティシエ

夜間コース

東京の製菓学校では、仕事をしている方でも無理せず通うことができる夜間コースがあります。夜間コースでは製菓業界に転職しようとしている方なども多く、それぞれ通う動機が異なる中で、効率のよい授業が行われているのです。